●気が付けば居酒屋の女将

もう十年以上も昔になるだろうか。奈良、京都へと
骨董屋巡りをしたことがある。
「どちらから?」「仙台です」
こう返事しても、長らく政治、文化の中心であった地の
人々は、北辺の地の事には関心が無く、いまだに
蝦夷地呼ばわりされたりと、少し寂しい旅を続けていた。
  しかし、京都の「天平堂」という李朝物を扱う店の
オーナーが「東北ですか。いや〜いい酒があるんです
よね。それを飲んだ時、酒は決して灘や伏見じゃないと
思いましたよ。」と、その酒に出会った老舗の料亭に
電話をされて酒の名前まで教えてくれた。彼はそれ以
来、北の酒の虜になっていると、しばし酒談義になった。
  私自身、日本酒は宴会などで何度か飲む機会が
あったが、どうしても好きになれないでいた。それよりも
テレビで放映されているビールやワインの映像のムード
にひかれ、赤ワインは体に良いなどとグラスを傾けてい
たが、ある日、とある酒屋で飲ませてもらった日本酒に
なんともいえない感動を覚えた。香り気高く、喉越しさわ
やか、フンワリと包みこむような感覚は、窮地で出会った
天女のごとく思えた。それが宮城の酒だったのである。
  それからが大変。私と同じように、”天女”に会えずに
日本酒を避けている人々を救済すべく、「仙台日本酒を
飲む会」なるものをつくってしまった。余計なお世話と言
われるのは百も承知。思い込みが激しく、「私がやらね
ば誰がやる」と、気が付いた時には走り出していた。主に
「日本酒は嫌い」という人を強引に誘いこみ、お開きの頃
には「次もまた、おいしいお酒を飲みたい」と思わせるよ
うに、酒と肴のバランスに気を遣い、隣に座る人も、店の
ムードも、照明も...と欲張ってしまう。
  酒はあくまでも嗜好品。味の好き嫌いはもちろんある
が、その時の雰囲気や体調の良さなどで、より旨く感じ
ることってある。それを追求するため、あの店、この店と
はしご酒を繰り返し、気が付いてみたら自分が居酒屋の
女将になってしまっていた。
  まじめな蔵元のとっておきの酒が冷蔵庫にずらり。
エア抜きをして静かに寝かせ、好きな時に取り出して飲
む。ムフ...。酒好きが店を始めると半年ももたないと
言われるが、当たっていそうな気がする。でも、これぞ
究極の楽しみ方とニンマリしている私。大丈夫かな...。
  日本酒には大吟醸、純米、本醸造など、多種多様な
味があり、必ず気に入るものに出会えるはず。米を食べ
てきた日本人。やはり日本酒ですよ。DNAが求めている
酒は...うん。

(みやぎ地酒の旅 河北新報社より転載)

「みやぎ地酒の旅」は宮城の地酒の知識を得るにはもっ
てこいの一冊。これであなたも一目置かれます。
お店でも販売しています。

                           <女将>


戻る